~夏休み自由研究お助け~【ダンゴムシ観察】開催しました!

~夏休み自由研究お助け~【ダンゴムシ観察】開催しました!

こんにちは!リノベ不動産CROS宮原店です!
毎日猛暑が続いていますが、みなさんお元気ですか?

先日、夏休みの自由研究お助け企画
として
『ダンゴムシ観察』イベント☆彡

【ダンゴムシは地球を救う】
を開催しました!!


ダンゴムシって小さい頃よく触って遊んでましたよね(੭ु・ω・)੭ु⁾⁾

実は、ダンゴムシって一時期話題になった「ダイオウグソクムシ」魚の口の中に寄生をして過ごしている「ウオノエ」などの仲間を含めると

約5,000種とも言われているそうです!!!Σ(゚Д゚)

おどろきの数ですね…

その中でも今回は、庭先や畑などでよく見かける『オカダンゴムシ』について観察していきます!


そこで今回は、さいたま市桜区にある「桜環境センター」から講師として
庄山由美先生にお越しいただきました!


以前は、 葛西臨海水族園 などでも
働いていたこともあり生き物に
めちゃめちゃ詳しい方なんです\(◎o◎)/


先生が早速「ダンゴムシ好きな人~!」と質問すると、子どもたちは元気よく「はーい!」と答えてくれました!

子どもたちは素直でカワイイですね~♥

今回は、夏休みの自由研究お助け講座
なので、身近にいるオカダンゴムシの
「くらし」「からだ」についてみなさんに学んでいただきます(`・ω・´)!


普段何気なく見かけるダンゴムシだけど、ダンゴムシが好きなところって

「明るいところ?暗いところ?」
「乾いたところ?湿ったところ?」



それらを確かめるために

濡れたティッシュと乾いたティッシュ
白い紙(明)黒い紙(暗)

を入れたケースをそれぞれ用意し、
その中にダンゴムシを入れたら
どうなるのかを実験していきます!


ダンゴムシが好きなのは、みなさんどっちだと思いますか?(´ー`)

正解は…



のちほど!(笑)

~ダンゴムシの『からだ』について~

~夏休み自由研究お助け~【ダンゴムシ観察】開催しました!
次は、ダンゴムシの『からだ』について教えていただきました!

みなさん、ダンゴムシの目ってどこにあるか分かりますか?

触角の付け根かと思いきや…
違うんだそうです!!(画像参照)


写真を見ていただいても分かるようにすごく目が小さいですよね(*_*)

ダンゴムシはあまり目が良くないので、その分周りに何があるのかを察知するために触角が発達したのだとか!

子どもたちも触角の付け根の丸い
ところが目だと思っていたようで

自分たちの予想が外れみんなで
「えぇーーー」と叫んでいました(笑)


ちなみに、ダンゴムシの触角は2ヵ所
あるそうで、頭の先でうにょうにょ
動いている触角は
「第2触角」だそうですよ!!

じゃあ「第1触角」はどこにあるのか
と言うと、体の奥の中の方にあるらしく

とても小さく肉眼ではあまり見えないそうです(*_*)

意外と奥が深いですね。。

~オス・メスの見分け方~

~夏休み自由研究お助け~【ダンゴムシ観察】開催しました!

次に、驚いたのは【オス・メス】の見分け方!

子どもたちにオス・メスの違いを聞いたところ

「きいろのまーるいてんてんかなぁ?」と答えていました(^O^)

それも間違いではありませんが、より正確な見分け方があります!

みなさん分かりますか?

正解は、ダンゴムシをひっくり返して見てください(゚Д゚)ノ
よーく見てみてるとダンゴムシにも生殖器があるんです!

お尻の方に白くてまるいものが2つついてますよね。

これは、呼吸をするための器官でオス・メス両方についてるものなんですが
この白くてまるい2つの器官のあいだに白い筋があるのがオスだそうです!!

これがおちんちんの役割を果たす器官で、オスにしかないそうなので

庭先や公園などでダンゴムシを見かけたときには、オスかメスかぜひ見分けてみてください♪

~ダンゴムシの生息場所~

~夏休み自由研究お助け~【ダンゴムシ観察】開催しました!
それでは、先ほど実験していたダンゴムシが好きな場所の正解発表ー!


先ほど2つ用意したケースの中にそれぞれ以下のものを用意しました。

・濡れたティッシュと乾いたティッシュ
・白い紙(明)と黒い紙(暗)

写真だと分かりづらいかもしれませんが、、

ダンゴムシが好きな場所は
「暗くて・湿ったところ」!!

逆に、ダンゴムシは暑くて乾燥した場所は苦手なんだそうです…

言われてみれば、植木鉢の下や石をどけたときの湿った土などでよく見かけますもんね|д゚)

ダンゴムシの「くらし」「からだ」について分かったところで最後にまとめ☆彡

みなさん「分解者」って言葉を耳にしたことはありませんか?

◎分解者とは…生き物の死骸や排出物に含まれる有機物を無機物などに分解する生き物のこと。

簡単に言うと、ダンゴムシやミミズが落ち葉・昆虫の死体を食べる⇒ダンゴムシらによって落ち葉は小さくくだかれ、植物に欠かせない養分として土に戻される⇒その土をもとに木が育つ

というように、ダンゴムシは土を作る大事な役割を果たしているということが分かりました!!

だから、ポスターにも書いてある【ダンゴムシは地球を救う】ということなんですね!

身近なダンゴムシについて、みなさん理解していただけたでしょうか!( ̄ー ̄)

ダンゴムシって、ただ触ったらまるまるだけでなく、意外と奥が深いんですね~

~ご家族みなさんでご参加いただきました~

~夏休み自由研究お助け~【ダンゴムシ観察】開催しました!
実際は、より詳しく庄山先生が話してくださったので

「ほかの生き物についてのセミナーも参加してみたい」
図鑑にも載っていないような深い内容を聞けて良かった

と親子そろって非常に満足していただけたご様子で、今回開催できてとっても良かったです!!(´ー`)

お越しいただいた方々ありがとうございました☆彡

~次回イベント開催予定~

・8/18(土)【宮原マルシェ】
・8/19(日)【物件見学ツアー】
・8/24(金)【ビール片手に住宅セミナー】
・9/15(土)【介護イベント】

その他にも、毎週イベントを行っていますので、どなたでもお気軽にご参加いただければと思います!

みなさまのご参加お待ちしております♪
WORKS MORE
EVENT MORE