【リノベ|購入者インタビュー】戸建て感覚の家づくり。大型キッチンも、広い無垢のリビングも。

【リノベ|購入者インタビュー】戸建て感覚の家づくり。大型キッチンも、広い無垢のリビングも。
最初は、新築を検討されていた見沼区のS様。
なかなかピンとくる物件に出会うことが無く、とあるご縁で、中古+リノベーションという選択になりました。


戸建てのような広い空間、無垢の床、大きなキッチン。
家族のライフスタイルに合わせたデザインを、どのように実現していったのか、入居後、改めてお話を伺いました。

広いLDKには、ふと座りたくなる ベンチ“第三の場所” を

【リノベ|購入者インタビュー】戸建て感覚の家づくり。大型キッチンも、広い無垢のリビングも。
もとの和室をリビングに取り込んで、広いLDKを実現しました。
ゆとりのある空間には壁一面に作り付けの本棚とフローティングベンチを設置。

お部屋の中に、第三の場所があると、ふとここに腰をかけたくなるもの。

ダイニングでもなくて、書斎でもなくて、目的が決まっていない場所ほど贅沢な空間はありません。
ベンチの間接照明が奥行きを演出し、リビングに余白を生みます。


このベンチは引き出し式の収納にもなっており、リビング小物や子どものグッズなどすぐに使いたいものを収納できます。

ベンチ上部の棚は、大切な本や漫画のサイズに合わせて作りつけたもの。
ご主人のアイデアで、お子様がいたずらしないように、高い位置に設置しました。

余計なものを置かずに、すっきり暮らす

【リノベ|購入者インタビュー】戸建て感覚の家づくり。大型キッチンも、広い無垢のリビングも。
もともと和室だった空間はダイニングとひと続きのリビングに。
テレビを壁付けにしたので、床面積が確保されより広くスッキリした印象に。


周辺機器も床には置かずに上部の棚に置けるようにしました。
床に配線が出ないよう、やんちゃ盛りのお子様に配慮したデザインになっています。
こちらもご主人のアイデアです。お子様がいらっしゃる方には参考にしたいですね。

サイズ2700の大型キッチンは、戸建てサイズ

【リノベ|購入者インタビュー】戸建て感覚の家づくり。大型キッチンも、広い無垢のリビングも。
マンションではなかなか見られない大型サイズのキッチンを採用。
他ではあまりこだわりが無かった奥様が、家づくりで唯一選んだのがこのキッチン。


カウンターにもなる出幅の部分は、出来たお料理の仮置きや、お片付けの際に重宝。
背面の棚は、奥様の身長にあわせて一般的なキッチンよりやや高い、100㎝にしました。
レンジなどの器具が使いやすいだけでなく、床置きのごみ箱や棚も使いやすい高さといいます。

オシャレが過ぎる!パイプハンガー

【リノベ|購入者インタビュー】戸建て感覚の家づくり。大型キッチンも、広い無垢のリビングも。
もはや室内干しの領域ではない、ショップのようなオシャレなパイプハンガーは、奥様のお気に入りの場所。

雨の日や花粉の時期も気にせず、洗濯物を室内に干すことができます。

玄関土間の内窓は、寝室にやさしい光を届けます

【リノベ|購入者インタビュー】戸建て感覚の家づくり。大型キッチンも、広い無垢のリビングも。
もともと居室だった一部を縮小して、玄関土間を作りました。
寝室はベッドが置けるサイズで十分という考えから、必要最小限のサイズに。

土間と寝室の間の壁には内窓を設けて、柔らかな光を届けます。

≪購入理由≫
知り合いだった弊社のコーディネータと、たまたま家探しの話しになったことがきっかけ。


最初は新築を見ていたこともあり、リノベーションについては「何かいいのがあれば」という軽いトーンでの物件探しだったところ「リノベーションは、デザインの自由度が高そうだ」ということを知り、本腰を入れることに。

希望とする実家の近くでは、マンションがあまりないエリア。戸建街に建つこの物件は、広さも十分で眺望も良く、特に静かな環境がお二人の希望に一致。
マンションが少ないエリアということは、この物件が見つかるまでは、選択肢が少なくて大変だったという本音トークもお伺いしつつの、物件探しエピソードとなりました。

≪まとめ≫
天然無垢の床材や広いリビングは、お子様にとってものびやかな住環境であり、奥様ご希望の広いキッチンも実現されました。


リノベーションされた方は、「この選択(リノベーション)は自然だった」というお話をよく伺います。最初は新築を検討しつつも、しっくりこなかったというS様もまた同様に仰います。「本当に実現したいこと」が、自分の中で見えてくると「自然」という言葉に繋がるのかもしれません。S様、貴重なお話しをありがとうございました。

 
 
WORKS MORE
EVENT MORE